読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東京都北区にある田端しまうま整骨院

患者様一人ひとりに合わせたオーダーメイド治療を提供する「田端しまうま整骨院」(院長:永井 宏典)が2016年9月23日、東京都北区(JR田端駅徒歩7分)にて開院しました。腰・首・肩・膝の痛みでお悩みの方、あきらめないで一度当院にご相談ください。http://www.nol-id.com/shimauma/

GW受付のお知らせ

f:id:tabatashimauma:20170424083318j:plain

今週末~来週にかけて本格的なGW期間に突入します。

今年は暦通りの営業を予定しております。

カレンダーが赤字の日は休診日となり、5月6日の土曜日などは通常営業となります。

よろしくお願いいたします。

 

田端しまうま整骨院

開業半年キャンペーン終了のお知らせ

だいぶ暑くなってきましたね。

 

さて、ご好評いただいておりました半年キャンペーンなのですが、

15日をもちまして終了とさせていただきます。

 

 

より地域になじむことができたかなと安心しております。

 

 

また一年キャンペーンや、その他のキャンペーンの開催も考えております。

 

 

これからも田端しまうま整骨院をよろしくお願いいたします。

 

 

              田端しまうま整骨院 院長 永井

施術スタッフ募集!!

少しずつ暖かくなってきて過ごしやすくなってきましたね。

 

 

突然なのですが、業務拡大により施術スタッフの募集を行っております。

 

 

求人は、医道の日本の求人サイトにも掲載していますので、そちらもご確認ください。

http://www.ido-jobsearch.com/search/index.php?action=detail&id=18485

 

 

学び、共に成長できる環境なので、一緒に働ける方相談からでも気軽にご連絡ください。

f:id:tabatashimauma:20160928074926j:plain

開業半年イベント開催!

皆様に支えられ、しまうま整骨院も早半年を迎えようとしています。

もっともっと地域になじめるよう、貢献できるように特別なイベントを開催することにしました。

 

 

自費診療(15分)¥2200⇒¥500

 

 

3月13日~3月31日まで開催予定

 

身体にお悩みの方、どの整骨院がいいかわからないけど探しているという方。

また、お友達に勧めたいと考えの方もぜひこの機会にご来院ください。

 

*キャンペーン利用とスタッフに伝えていただけるとスムーズにご案内できます。

f:id:tabatashimauma:20170309161818j:plain

3月3日(金)受付終了時刻変更のお知らせ

もうそろそろ2月も終わりですね。

春の足音が聞こえてくる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

 

 

さて、今日は3月3日(金)の最終受付時刻変更をお知らせいたします。

院長研修のため、3月3日の最終受付時刻を

 

午後 19:00 まで

 

とさせていただきます。

 

大変ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

f:id:tabatashimauma:20170224192925j:plain

 

骨盤矯正の考察 その2

f:id:tabatashimauma:20170120184831j:plain

 

 

 

めまいがする、夜に眠れない、倦怠感がある、頭痛がする…etc

最近冷暖房の完備や、パソコンの充実や不規則な生活が増えてきた影響か、自律神経障害を発症されてしまう方が多いようです。

 

 

もちろん頭痛がする時などは頸~肩の緊張を緩め、バランスを整えることのほうが優先されるのですが、ある程度治まってきて次のステップを目指すときは骨盤矯正で身体のバランスを整えていくほうが早く、恒久的によくなっていく事例が多いようです。

 

 

なぜ自律神経障害で骨盤なのかというと、頸椎~仙骨間を流れる脳脊髄液というものが関与してきます。

脳脊髄液というものは簡単に言うと人体の恒久性を保つのに必要なものと言われています。

これが減少したり、あるいは流れが悪くなると頭蓋内での内圧が上昇してしまい、結果様々な障害が発生してしまいます。

 

 

これらの流れを整えるのには骨盤矯正は適正といえると思います。

また、自律神経症状にお悩みの方は水分をよくとることをオススメしています。

一日2リットル弱を目安に飲み、24時間一日中しっかり安静にしてみる。それによって身体のバランスのリセットを行うことができます。

 

 

この症状は一生付き合っていく人も多くいますので、諦めずに上手に付き合っていければと思っています。

 

 

 

 

  • 産後、交通事故等の強い外力による骨盤自体の歪み

 

 

 

最近一番多く悩まれている方が多く感じるのがこれだと思います。

強い力により骨盤が開いてしまい、姿勢の変化が出てしまうため臓器の位置が下がり、血流の流れやリンパの流れが悪くなる悪循環が産まれてしまいます。

 

 

基本的には出産後など身体は元の位置に戻ろうとするのですが、その戻ろうとしている段階で育児に追われ不良姿勢を繰り返し元の位置に戻ろうとすることを阻害されてしまいます。

 

 

更に一番困ることは恥骨結合が緩む、または離開してしまうことです。

 

左右の寛骨と関節を作り結びついているのが仙骨と恥骨結合です。

恥骨結合が緩んだり離開したりすると骨盤自体にダメージがきてしまい、斜めではなく上下に関節が歪んでしまう原因となってしまいます。

 

 

離開がひどく、姿勢を保てなくなるのであれば回復が長引き、更にはもっと悪化する可能性があります。

それを防ぐためには早めに骨盤の矯正を進めることが勧められます。

 

 

全体的な治療でもいえることなのですが、産後の骨盤矯正は時間がかかります。

1~3ヶ月を目途に週に1~2回など、継続的に調整を行うことにより効果を発揮することができる治療法です。

骨盤矯正を考えの方は、気長に治療を行うことをお願いしております。

 

 

それでは、今日はこのくらいで。

次回はまとめをお伝えできればと思います。

骨盤矯正の考察

f:id:tabatashimauma:20170111145527j:plain

骨盤矯正の考察。

 

 

 最近腰が痛いから、骨盤矯正をしたいんですけど。

そういう風に言われることが結構あります。

骨盤矯正とういうのは読んで字の如く、寛骨、仙骨、尾骨からなる骨盤の位置、バランスを整える手法のことをさします。

確かに腰痛の治療には効果があり、バランスも整えられるのですごくいいのですが、もし本当に腰痛にお悩みの場合は、別に骨盤調整をしなくても単純に筋肉の緊張を緩めてあげれば良くなったりします。

 

 

では、どういったときに骨盤矯正が有効なのか?

また、当院の骨盤矯正がどういった効果を出すのかという私の考察を書いていければと思います。

 

 

 

 

坐骨神経症状の主症状は下腿~大腿に現れます。

原因自体は狭窄症やヘルニアといった腰が原因のことが多いのですが、痛みや症状が出るのは足なので多くの方は足が痛いと訴えて来院します。

治療法はシンプルですが意外と難しく、単純に坐骨神経の通り道を開いてあげつつそれを維持できるよう姿勢の矯正をしてもらうことです。

 

 

なぜ難しいかというと、一つは強い痛みを我慢してきたため筋緊張が異常なほどでるので緊張がほぐしにくいということと、その状態を維持することが非常に難しいからです。

 

 

皆様は今の自分の姿勢がおかしいから改善してくださいと言われてすぐに実行できますでしょうか?普通はなかなかできません。そもそも腰が反っている方をまっすぐに戻そうとすると逆に猫背になっているように感じたりと姿勢を変えられるとどうもしっくりこない感じがしてしまうものです。

 

 

痛みを感じない、元気な時でも難しいのに坐骨神経症状が出ている方は痛いときにもかかわらず姿勢に気を使わなければなりません。これは非常に大変なことですが、必ずやらなければならないことになります。

             

 

坐骨神経は腰から出て、臀部をくぐり下肢へと流れていきます。

起始部が腰椎、停止部は各々下肢方面へ向けて流れていきます。

神経の狭窄、つまり狭まりやすい箇所が腰~臀部にありますので、そこを中心に流れを作っていくのが治療開始時の第一目標となります。

 

 

身体のバランスを整え、流れを良くする骨盤矯正は坐骨神経症状へのアプローチとしては最も適している方法だと思われます。

 

 

 

次回は骨盤調整による自律神経系へのアプローチを考察したいと思います。

ここまで読んでいただきましてありがとうございました。